絶品レシピ

こんな焼肉、見たことない!豪快!!

「でか肉焼き」 -家庭用-

調理時間14-15分加熱
※最初・最後にお肉を置いておく時間をのぞく
オススメ!
  • 大きなかたまり肉をみんなで焼けば、盛り上がること間違いなし。
  • 焼いたお肉を厚めに切り分けると、かたまり肉のボリュームが存分に味わえる。

材料(3~4人分)

  • 牛サーロイン
    (厚さ5cm、重さ500~800g)
  • 焼肉のタレ  大さじ4
  • 水  1/4カップ
  • <つけあわせ野菜>
  • ジャガイモ
  • パプリカ
  • など 適宜
作り方
  • 1 牛サーロインは焼く30分ほど前に冷蔵庫から出して、室温に戻しておく。
    付け合わせの野菜を一緒に焼く場合、ホイルに包み準備しておく。
  • 2 250℃*(最高温度)にホットプレートを熱し、油を薄くひく。(ホイル包みした野菜もホットプレートに乗せる。)
    *250℃・・フライパンの場合は、ガスコンロなどを「中強火~強火」に設定する。
  • 3 お肉の表裏を各1分程、側面を30秒程、それぞれ焼きつける。
  • 4 出てきた油をキッチンペーパーなどでしっかり拭き取る。
    ※油ハネを防ぐポイント
  • 5 水を加え、140℃*(最低温度)に設定し、フタをして10分蒸し焼きにする。(野菜はそのまま)
    ※フタがない場合は、アルミホイルをホットプレート全面にかぶせることで代用可能。
    *140℃・・フライパンの場合は、ガスコンロなど「弱火」に設定する。
  • 6 フタをあけ、水分と油分をキッチンペーパーなどで丁寧に拭き取る。
    ※油ハネを防ぐポイント。
    (ホイル焼きの野菜を一緒に焼いていた場合は、フタを開けた時に取り出す。)
    ※竹串や金串をお肉に差して抜き、串を手で触って冷たくなければ、 焼き上がった証拠。
  • 7 温度設定は140℃のまま、タレをお肉の上から加え、転がしながらお肉の各面にまんべんなくタレを焼き絡める。タレがなくなるまで1~2分。
    ※高温にするとタレがハネるので注意!
  • 8 全体が香ばしくなったら取り出し、お肉表面のアラ熱が取れるまで(10分程度)置いた上で、カットする。
    →お肉を休ませることで、肉内部の温度を均一にし、肉汁の流出を抑え、お肉全体に肉汁を行きわたらせる。
    ※焼肉のタレを煮詰めたソースをかけると更に豪華な仕上がりになる。
メニューを印刷する

側面からうっすら肉汁がにじみ出る。

焼肉のタレ(フルーツ入り)を絡めて焼く効果

お肉の表面がカリッと仕上がり、香ばしさが加わる。

フルーツには、ペクチン*が多く含まれており、そのペクチンが加熱による水分の蒸発で濃縮され、肉表面に膜を作ることに加え、糖分がカラメル化**することで、お肉の表面がカリッと仕上がり、香ばしさが加わる。

*ペクチン・・・
果物や野菜等の細胞壁を形成する多糖類。リンゴやミカン類に多く、砂糖や酸を加えるとゼリー状になる

**カラメル化・・・ 100℃以上に加熱することで、糖が褐色化すること

絶品ルールポイント

  • お肉は常温に戻しましょう。(下準備編
  • 焼き上げ後、10分以上たってからカットします。(食べ方編
絶品レシピTOP

あわせて知りたい!肉焼き技

  • 絶品ルール「焼き方編」
  • 秘伝技「漬け技」