8/29「焼⾁の⽇」は、 マンガ⾁で盛り上がろう!

憧れのワイルド肉を小さめサイズで食べやすく!お弁当にも!

「ミニマンガ肉」

調理時間30分
オススメ!
  • パーティやお弁当にも最適!
  • 焼く前に、レンジにかけることで、火の通りがよくなります。豚肉の巻き終わりから焼くと、はがれにくくなります。

材料(2~3人分)

  • 鶏手羽元 6本
  • 豚バラ薄切り肉 6枚
  • 焼肉のタレ 大さじ4
  • サラダ油 適量
  • <付け合わせ>
  • ズッキーニ(輪切り)
  • パプリカ(一口大)
  • じゃがいも(一口大) 適宜
作り方
  • 1 鶏手羽元は細い方の骨が見える側にハサミを入れ、骨と身を切り離し、筋を切りながら上の方に押し上げてチューリップ型にします。
  • 2 1 に豚バラ薄切り肉をらせん状に巻き付け、耐熱皿にのせ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で約4分加熱します。
  • 3 フライパンに油を熱し、2 を転がしながら焼き、焼肉のタレでからめ焼いたら、出来上がり。 お好みで焼いた[付け合わせ]を添えてお召し上がりください。
メニューを印刷する

マンガ肉は、暑い夏に最適な豪快レシピ!

佐藤秀美先生(食物学 学術博士/肉焼き総研メンバー)

夏バテや夏疲れ対策にはまずタンパク質の摂取が大切です。体内ではめまぐるしい勢いで新陳代謝が繰り返されており、たとえば肝臓や腎臓、腸のたんぱく質の半分は約10日で新しく生まれ変わると言われています。タンパク質が不足すると、これらの機能が低下し、夏特有の全身疲労や倦怠感などが現れやすくなります。
肉はタンパク質が豊富なだけでなく、疲労回復に役立つ成分も豊富です。豚肉に多く含まれるビタミンB1は、エネルギー代謝を促す作用で“疲労回復ビタミン”とも呼ばれており、豚肉のビタミンB1含量は数ある食品の中でトップクラス。鶏肉(特にむね肉)に豊富に含まれるイミダゾールペプチドは、疲労回復効果を示すことが最近の研究で明らかになりつつあります。また、鉄分不足は全身疲労や倦怠感の原因になりますが、牛肉は吸収率の高いヘム鉄が豊富な肉です。
これら2種類の肉を組み合わせたマンガ肉は夏バテや夏疲れ対策に大いに役立つ“夏にぴったり”の豪快肉料理と言えます。